不動産購入に興味がある方が知っておきたい主な基礎知識

不動産を購入・売却を検討している方や不動産に興味がある方のための基本的な不動産売買に関する情報をお伝えしています。

 
○はじめに
「そろそろ家族のために家を買いたいな。」と思うのは当然のことかと思います。また、住まなくなった家や引き継いだ家を売る状況が突然訪れることもあります。少し特殊な例で言えば、「もう少し収納が多くて広い住まいに移りたい。」や「子供が実家を離れ、夫婦だけになったので、今の家を売って小さな家にしたい。」なんて人も増えてきました。不動産を買いたい、売りたい、移り住みたいという人が、不動産の購入や売却取引をすることは人生の中で一度、または経験がない方が大半です。そんな中、決して安い買い物ではない不動産購入や売却で手続きや取引方法の不安は常に付きまといます。不動産取引は、専門用語が多く、細かい手続きも必要です。さらに、法律や税に関して膨大な知識を必要とします。今回の「不動産を買う人売る人が知っておきたい基礎知識」では、不動産購入が初めての方、不動産売却の経験がない方の少しでも力になればと、不動産に関する基礎知識をなるべく分かりやすく専門用語もかみ砕いてまとめたものです。読むのも億劫だなと思うかもしれませんが、それでも大切なことです。読んでいただいて分からない、全部読めない方はお電話や来店して頂ければご相談も承っておりますのでそちらもご活用ください。