部屋を少しでも暖かくする方法を知ろう!

 

寒~い冬に備えて、ストーブやこたつ、ヒーターなどを準備している人も多いと思います。

冬には暖房器具は必須ですよね。

 

ただ、最近ではエアコンなどエコなものが増えてきたとはいえ、

ずっと暖房器具をつけているとやっぱり電気代が、、、と気になる方も。。。

 

温度を上げてもなかなか暖かくならないと感じたり、

こたつだけ使用していると、こたつの中は暖かいけど、

こたつの外は寒くてなかなか出られなかったりということもありますよね。

 

できれば暖房費を節約したいと考えている方、必見!!

少しの工夫で寒い部屋を快適な部屋にすることが可能なんです。

 

今回は、寒い部屋を少しでも暖かくするための方法をご紹介したいと思います。

 

 

窓からの寒さ対策

窓からの冷気は部屋を冷たくする原因の1つです。

その窓に少し工夫をすることで部屋に冷たい冷気を入れないようにしましょう。

 

カーテンを変えよう

●厚手のカーテンにする

夏用の涼しげなカーテンをつけている方は、厚手のカーテンに変えてみてください。

厚手にすることで外からの冷気を軽減してくれます。

●遮熱のカーテンにする

カーテンには色々な種類がありますが、オススメは遮熱カーテンです。

夏は外からの熱が室内に伝わりにくいので涼しく、

冬は室内の暖気を外に逃がしにくくするので暖かいという省エネ効果のあるカーテンです。

●少し長めのカーテンにする

カーテンの丈が短いと、下からから冷たい風が部屋に入ってきてしまいます。

できれば、床との隙間がないくらいの丈のものを選びましょう。

隙間が無ければ冷気が入りにくくなります。

●カーテンボックスをつける

カーテンを閉め切っていても、カーテンレール部分の隙間から熱が放出して冷気が侵入してしまいます。

そのため上部を覆って空気の流れをシャットアウトすれば、部屋の暖かさを保つのに効果的です。

カーテンボックスをつけることで、インテリアのアクセントにもなりますよ。

 

カーテンボックスとは・・・カーテンレールやブラインドの設置部分を見えなくするように覆う箱状のもの。

 

 

窓自体に工夫しよう

●断熱シートを窓ガラスに貼る

窓に貼るシート状の断熱材「断熱シート」を窓に貼ることで、窓から伝わる冷気を軽減することができます。

手頃な値段で手に入るので、簡単にできる方法です。

他にもアルミシートやプチプチなどを貼るのも効果的ですよ。

●隙間テープを貼る

築年数の経った家は歪みが出てきて、窓を閉めても隙間ができることがありますよね。

窓に隙間があると、そこから風が入り込んだり暖かい空気が逃げてしまうので、窓の隙間を埋めることはとても大切です。

簡単に隙間を埋める方法として「隙間テープ」があります。

窓枠ではなく、サッシに貼るのがオススメ。

窓に隙間テープを貼ることで、防音効果も得られるので一石二鳥ですね。

●二重窓を作る

もっとも効果的なのは二重窓です。

手軽にDIYで作ることができる「簡易二重窓」というものもありますよ。

 

 

部屋の寒さ対策

床からの冷気も部屋を冷たくする原因の1つです。

部屋の床が暖かくなるだけで部屋全体が暖かく感じるようです。

 

床対策

●カーペット・絨毯などを敷く

床暖房の入っていないフローリングの床は、ひんやりと冷たく感じます。

広い床面が冷たいと、部屋全体の温度も下げてしまうことに・・・

そこで、カーペットや絨毯を敷いてみて下さい。

床の冷たさが軽減されますし、お部屋の温度も変わってきますよ。

 

もっと暖かくしたいという方には電気カーペットをおススメしますが、

電気代がかかってしまいますよね・・・

●ジョイントマット・コルクマットを敷く

カーペットや絨毯のように1枚ものではなく、ジョイントマットやコルクマットのような複数枚を合わせて敷くものを使うのも1つの方法です。

カーペットなどに比べて厚みがあるものが多いので、その分冷気の伝わり方が違いますよ。

小さなお子様がいるご家庭では汚れてしまっても、汚れた部分だけをはずして掃除ができるというメリットもあります。

●銀のマットを敷く

上記でご紹介した、カーペットやジョイントマットなどを敷いた下に、断熱シートや遮熱シートを敷くとさらに効果的です。

床から伝わる冷気をシートを敷くことで遮断することができるので、さらに暖かさを保つ効果があるのです。

●家の空気口を塞ぐ

一戸建ての場合は、床下の家の基礎部分に換気口があると思います。

その換気口に外からの冷たい外気が入ってくると床下に冷たい空気が溜まってしまい、暖房などをつけても暖まりにくいということがあります。

冬になるとそこを段ボールなどで閉じてみてください。

ただ夏になると暑い空気を逃してくれるので取り外すのは忘れずに!

●床暖房を導入する

初期費用とガス代or電気代はかかりますが、床暖房はそれだけで他の暖房器具を使わなくていいくらい、部屋全体を暖めてくれるのでオススメです。

ただ、大掛かりなリフォーム工事が必要になるので費用も掛かります。

お手軽にはできないので、誰でもできる対策ではありませんね。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

少し工夫するだけで、部屋に冷たい冷気が入ってくるのを防ぐことができるのです。

毎年冬は寒くて過ごしにくいという方は、ぜひ試してみてください。

 

ただ、今回ご紹介した例のほとんどが「寒さを少しでも軽減する」というものであって、暖房器具を使わずに過ごせるまで暖かくなるものではありません。

 

暖房器具を適度に使いながら、うまく寒さを軽減して節約につなげられればと思いますので、

是非やってみてくださいね。

 

 

イエモア@あなたにおススメ

 

寒い冬!暖房をつけずに過ごす方法

 

エアコンが効かない!?原因と対処法とは?

 

夢のマイホーム☆中古物件を購入してリノベーションする人が増えている??

 

住まいの悩みの解決は?

utiawase-soudan

悩みを無料で解決します!

相談で一番大切なことは「心」と「心」が繋がる事

つまり、信頼が大切だと考えます。

小さいなことでも相談しに来てください。

それがハウスフリーダムのスタイルです。


気軽に相談してみる。