システムキッチンの種類を知ろう!

システムキッチンのイメージ画像です。

システムキッチンって何のこと?と思う方も多いと思います。

よく使っていても、実際の意味ってなかなか知らなかったりしますよね。

システムキッチンとは、流し台・コンロ・調理台・キッチン収納などが、ワークトップと呼ばれる天板で繋がり、全てが一体となるように組み合わせたキッチンのことです。

 

では、これからシステムキッチンの種類についてお伝えしていきます。

実はシステムキッチンといっても種類が複数あり、それぞれに特徴があります。

これから、家を建てる方、リフォームを検討している方など、キッチンを選ぶ参考にしてみて下さい。

 

システムキッチンの種類

 

対面キッチンと壁付キッチンとは?

システムキッチンは大きく分けて「対面キッチン(オープンキッチン)」と「壁付キッチン(クローズキッチン)」があります。

 

最近のシステムキッチンの流行は、「対面キッチン」です。

新築やリフォームのほとんどの方がこの対面キッチンを選ばれます。

 

「対面キッチン」

キッチンで作業しているときに、ダイニングやリビングを見渡せるような作りで開放感があり、他の人とのコミュニケーションがとりやすいのが特徴です。

キッチンで料理や洗い物をしている間も、テレビを見たりお子様やご家族の様子を見ながら作業出来る為、子どもが危ないことをしていないかなど不安を感じることが軽減されます。

 

「壁付けキッチン」

対面キッチンとは逆でコミュニケーションはとりづらくなるものの、キッチンが散らかったいてもある程度隠しやすく、クッキングスペースをまとめることが出来、料理に集中しやすい為、料理が好きな方は壁付キッチンを好む方も多いです。

 

対面キッチンの種類

対面キッチンは大きく分けて5種類あります。

・アイランドキッチン

・ペニンシュラキッチン

・I型キッチン

・L型キッチン

・セパレート型キッチン

 

各それぞれの特徴をご紹介していきます。

 

『アイランドキッチン』

アイランドキッチンのモデルルーム画像です。

キッチンと壁が接する部分がなく、島のようにあるキッチンのことです。

オープンキッチンという名を表す代表的なキッチンです。

 

とても開放感があり、人とコミュニケーションをとることが簡単に出来ます。

キッチンの周りを動きやすく、ダイニングテーブルへ料理を運ぶ時など短距離で移動することが出来ます。

 

ただ、アイランドキッチンを設置する際、とても広いスペースが必要となるため、LDKが広いことが条件になります。

そして手元が丸見えで、キッチンの上を常に綺麗にしておかないと生活感が丸出しになってアイランドキッチンの良さが軽減してしまいます。

とてもお洒落なアイランドキッチンですが、いつも綺麗に保てるかというところがポイントですね。

『ペニンシュラキッチン』

アイランドキッチンに似ていますが、アイランドキッチンの左右どちらかが壁にくっついている対面キッチンのことを言います。

オープンキッチンをイメージするとアイランドキッチンが思い浮かぶ人も多いかと思いますが、実際はペニンシュラキッチンを使う方が多いです。

 

アイランドキッチンだとかなりのスペースが必要となりますが、ペニンシュラキッチンだと片方が壁についているので、スペースをうまく使うことが出来るので、取り入れやすいのです。

コンロを壁側に設置することが出来るので、選べる換気扇の種類が多く、ニオイ拡散の軽減になります。

 

ただ、アイランドキッチンのようにキッチンの周りをくるくる回ったりすることが出来ず、存在感や開放感が落ちてしまいます。

ペニンシュラキッチンはバリエーションが豊富でアイランドキッチンより価格が抑えられるのでお洒落で存在感のあるキッチンを作りたい方にはオススメです。

 

【I型キッチン(対面キッチン)】

I型キッチン(対面キッチン)のイメージ画像です。

I型キッチンとはコンロからシンクまでが横一直線に並んでいるキッチンのことです。

一般的な住宅で1番よく使われている対面キッチンです。

 

一番のメリットは、キッチンの手元を隠すことが出来ます。

キッチン前にカウンター(腰壁)が出来るので、セミオープンキッチンと言われています。

 

キッチンまわりの生活感やゴチャゴチャ感を隠すことが出来るのは主婦にとっては嬉しいですね。

キッチンにいながらダイニングに座っている人と問題なく会話できるので、対面キッチンとしての機能も問題無いキッチンです。

ただ、複数で料理をするときは動線が重なり動きにくいという部分はあります。

 

【L型キッチン】

L型キッチンのイメージ画像です。

その名の通りキッチンをL字型に曲げ、シンクとコンロ部分が直角で向かい合うキッチンのことです。

L型キッチンはI型キッチンよりも大きいので、存在感があり作業スペースがとりやすいキッチンです。

 

L字型になっているので移動が楽なのが特徴で、広いスペースで効率的に料理をしたい方にとてもオススメです。

 

ただ、L型キッチンにはコーナー部分があり、そこがデッドスペースになり収納が使いにくいです。

あと、意外とスペースが必要でダイニング・リビングが狭くなってしまうかもしれませんので、ある程度広いLDKが必要です。

 

【セパレート型キッチン】

セパレート型キッチンのイメージ画像です。

シンクとコンロを別々に分けたキッチンです。

その形からⅡキッチンとも呼ばれることもあり、I型・Ⅱ型・壁付キッチンのメリットを合わせたキッチンです。

 

シンクとコンロが分かれている為、作業スペースが多く取れ、複数人で料理しやすいですし、キッチンに広い作業スペースがほしい方にはとても広い作業スペースを取ることが出来ます。

 

壁に向かって料理が出来るので、壁付キッチンのメリットである集中して料理することが出来ます。

ただ、シンクで洗った野菜などをお鍋に入れる際に水滴が落ちてしまうとか、熱いお鍋をシンクに運びたい時に周りの様子を見ないといけないなど、少し注意が必要であったりもします。

 

<まとめ>

今回は対面キッチンについてみてきましたが、対面キッチンといっても色々な種類があるんですよ。 

 

それぞれのキッチンににメリット・デメリットがあります。

これを機会に自分に合う理想のキッチンを探してみてはいかがですか?

 

選ぶキッチンで家全体の間取りやレイアウトが大きく変わってきますよ。

まずは理想のキッチンの形を決めるのもいいかもしれませんね。

 

@あなたにおすすめ

台所のシンクをピカピカに保つには

新築するなら取り入れたい!人気のキッチンとは?

子持ちママがオススメする戸建の間取り☆キッチン編

リフォームの良さを知りたい方はこちらから!

文字だけでは伝わらない。

相談で一番大切なことは「心」と「心」が繋がる事

つまり、信頼が大切だと考えます。

小さいなことでも相談しに来てください。

それがハウスフリーダムのスタイルです。


話を聞いてみる!