新型コロナ【接触確認アプリ】これだけは知っておこう!

スマホを見る人の画像です

6月19日から運用が始まった新型コロナの「接触確認アプリ(COCOA)」。

最初の1ヵ月間は施行版という事ですので、現在出ているいくつかの不具合は今後解決されるのでしょうが、

 

”何だかよく分からないけど、やった方が良いのかも・・・”

”何だかよく分からないけど、やるのは怖いかな・・・”

 

どちらにしろ、何だか分からないと判断に困りますよね。

この記事では「接触確認アプリ」について”これだけは知っておきたい”ポイントを紹介します。

 

スマホを持ってなきゃ使えません

「接触確認アプリ」はスマートフォンにダウンロードして使うアプリです。

スマートフォンがiOSなら「App Store」から、androidでは「Google Play」からインストールしましょう。

もちろん無料です。

 

Bluetoothという機能を利用するので、かなり古いスマホでは対応していないことがあります。

iPhoneはiOS 13.5以上、AndroidならAndroid 6.0以上であることを確認して下さい。

 

1メートル以内・15分以上で通知

「接触確認アプリ」をもった人同士が、おおむね1メートル以内の距離で15分以上一緒にいると、それぞれ本人のスマホの中に情報が記録されます。

記録されるのは ”接近しました” という情報のみで、位置情報や個人の特定される情報などは含まれません。

 

この、記録されている接触者が新型コロナに感染していることが判明すると、通知が届きます。

14日経過すると記録は消去されます

 

感染を報告するかは本人しだい

自分が新型コロナウイルスに感染していると判明した場合、

PCR検査の際に登録した電話番号のSMS、又はメールアドレスあてに「処理番号」が通知されます。

この処理番号を本人が「接触確認アプリ」に登録すると、接触者のアプリでも確認できるようになります。

正しい処理番号以外の数字を入力しても”完了”が通知される不具合が見つかり、アプリの修正が完了するまでは処理番号を発行しない対策がとられています。

 

接触が確認されてもPCR検査が受けられないケースも

自分が新型コロナの陽性者と接触していたかを確認するには、メイン画面の【陽性者との接触を確認する】をクリックします。

 

接触が確認されない場合は左の画面が表示されます。

 

接触が確認された場合は右のような画面が表示されます。

(【陽性者との接触一覧】に表示されるのは日付と件数のみです。)

 

【症状を入力して相談】と【電話で症状を伝えて相談】は、どちらも以下のような対応となります。

①症状がある

②自身に症状はないが、身近に感染者がいる又は感染の疑いのある者がいる

帰国者・接触者外来等の速やかな予約と受診を案内

③症状がなく、身近に感染者や感染の疑いのある者がいない

14日間は体調の変化に気をつけてください

 

つまり、自身や身近な人に症状がない場合は新型コロナに感染しているかどうかの検査は受けられません

 

まとめ

「接触確認アプリ(COCOA)」はApple社とGoogle社が提供しているアプリケーション・プログラミング・インターフェイス(API)を元に開発した、プライバシーに最大限に配慮した仕組みのアプリです。

ただ、プライバシーを重視するあまり、新型コロナ感染防止への実効性には疑問を唱える声も。

しかも、そもそも登録者が少なければ有効に使うことはできません。

 

政府は国民の60%が登録することを目指しています。

コミュニケーションアプリ『LINE』の利用者にに匹敵する数字と考えると、なかなか厳しい数字のようにも思われますが・・・。

 

「接触確認アプリ(COCOA)」は現在、試行版という事ですので、

もっと利用者のメリットとなる仕組みに改善されることを期待します。

 

イエモア@あなたにおススメ

コロナ禍の夏はエアコンをつけてこまめな換気を!

ヤマトの「置き配」でネット通販がもっと便利に!&古き良き風習もいまだに現役?!

大阪府の「コロナ追跡システム」登録していますか?お得な特典もあり?!

大阪・福岡の不動産を探す

  • 一般公開物件828
  • 会員限定公開物件476
  • 来店限定物件4,355